タイ古式ストレッチ講習会では、タイ古式マッサージの代表的な3つのスタイル(ワットポー、チェンマイ、ピシット)より、今行っている技術に+αで取り入れられるストレッチテクニックだけを抜粋して、丁寧にわかりやすく講習していきます。

全3回の本講習会の技術は、スカートを履いたままでも問題なく施術できる技術である事は勿論、強圧希望、ロングコース、体格の大きいお客様へ、自身の体に負担をかけることなく、即、実践可能である事に加え、仰向け、うつ伏せ、座位、肘を使って刺激するエルボーテクニックをも併せて修得可能なものになっています。

thai_style01

タイ南部において一般的なスタイルです。ワットポー寺院から派生しセンと言われるエネルギーラインに沿って指圧をするテクニックです。ストレッチの手技は少なめです。

thai_style02

タイ北部において一般的なスタイルです。ゆったりとしたリズムで角度を変え何度も繰り返して行う事が特徴。アクロバティックなストレッチが多く用いられる印象です。

thai_style03

あまり日本人のタイ古式セラピストに知れわたっていないスタイルです。現在タイで活躍する有名講師達が使用しているテクニックです。チェンマイスタイルよりも効率的にアプローチできる為、多くのベテランセラピストが虜になり現在の日本にも広がりつつある技術です。

thai_border

 

以下、全3回に亘り行われた「タイ古式 ストレッチ講習」の写真レポートです。

 

report_test1

 

講師の先生は、常に受講生に目を配りながらのティーチング。受講生の理解度と達成度を見ながら講習を進めていきます。どの様なイメージでストレッチをするのが効果的なのか、体の使い方だけではなく、言葉のイメージも的確なコーチング。グ。

report_test2
受講生の良い点は直様「彼女の体重のかけ方が理想的です」「彼女をお手本にして下さい」等、キメの細かい技術チェック。肝となる「肘の使い方」については、特に念入りに。メモを取りながらディテールまで習得していきます。

report_test3
笑顔の溢れる講習会の締め括りは、終了証のディプロマを手に記念撮影。コップンカー!(タイ語でありがとうの女性名詞)